コンサルタント紹介

CONSULTANT

西谷 弘毅

Hiroki Nishitani

代表取締役

国内専門商社へ入社後、企業向け情報システム事業部門の本部スタッフとして、新規事業の企画立案・立ち上げを担当。ソフトウェアライセンス事業として、主に日本国内での販売ライセンスを得た海外ソフトウェア製品(RDBMS、Webアプリケーション等)の日本語化、マーケティング、販路開拓、先進事例の開発、ソリューション開発を経験。
外資コンサルティング会社へ転職後はライフサイエンス製薬事業部に所属し、グローバルシステムとしてのERP導入、全社規模でのデータウェアハウス構築、企業合併に伴う全社システム統合やIT戦略の立案、事業分割に伴う新会社システム構築など、主にIT戦略・計画の立案・大規模プロジェクトにおけるコンサルティングに従事。
シニア・マネージング・コンサルタントとしてライフサイエンスCRMグループを統括。
より顧客の立場に立った継続的なサービスの開発・提供を目指してパースペクティブ株式会社を設立し、同社代表に就任。

柳沼 剛

Takeshi Yaginuma

取締役

大手医薬品卸企業の情報システム部門からキャリアをスタートし、運用、システム開発、システム設計、システム企画と下流から上流に渡るシステムライフサイクルを経験。その後、コンサルティングファームに転職し、主に製薬業界のセールス&マーケティングエリアのシステム導入において多数のクライアントプロジェクトに参画し、構想策定から運用フェーズまでのプロジェクトマネジメントを遂行。ユーザー側、サービス側両者の立場での一連のシステムライフサイクル経験を強みとしている。

中田 武志

Takeshi Nakada

取締役

大手SI企業に勤務後、外資系コンサルティングファームを経て、現職。主に製薬業におけるコンサルティングに従事。基幹業務系システムにおける構想策定からシステム構築・導入までのプロジェクト、企業合併時におけるシステム統合のプロジェクト全体管理、J-SOX対応やCSVに関する計画から評価作業までのプロジェクトなどの経験を所有。
パースペクティブ株式会社設立後も、自販開始に向けた業務基盤立上げなど、製薬業の業務全般に対し、幅広いコンサルティング支援を展開している。

熊野 義政

Yoshimasa Kumano

シニアマネージャ

入社年月:2006年10月

医薬品業界の営業・マーケティング領域において、営業戦略立案、IT戦略立案およびシステム導入構想策定~運用に従事。現在は自社卸販売データ処理サービスtebra導入・サービス提供を主管するとともに、製薬業界における幅広いITコンサルティング支援に携わっている。

専門分野:製薬企業の営業・マーケティングシステム企画、プロジェクト管理、IT部門運営支援(IT戦略立案~予実管理業務まで)

米村 一臣

Isshin Yonemura

シニアマネージャ

入社年月:2007年2月

数多くのプロジェクトで幅広くシステム要件定義~開発・導入までを経験し、当初プログラムのコーディングやデータモデル設計などを担当。その後、業務プロセス改善、システム化構想策定や、ITインフラ、情報セキュリティなどのプロジェクトにも関与し、業務からシステムまで幅広くコンサルティングに従事した。近年では、培ってきた経験を軸にプロジェクトマネジメント及びPMO支援を行うITコンサルタントとして様々な業種・業界にコンサルティング活動を行っている。

専門分野:システム開発におけるプロジェクト管理、情報セキュリティ活動支援、IT化構想策定・要件定義

鈴木 勲彦

Norihiko Suzuki

シニアマネージャ

入社年月:2007年7月

大学院卒業後、主に基幹系システムのシステムインテグレーションに携わったのち、ODAコンサルティング会社において、アジア、中東、アフリカにおけるIT・人材育成関連のプロジェクトマネージャとして各国政府の行政官と協働。
現在は国内外の製薬企業のグローバルプロジェクトを中心に、ITロードマップ、システム構想策定、プロジェクト立上・管理等に携わっている。

専門分野:システム構想策定から運用(移管)における、オフショアを含むグローバルプロジェクトのプロジェクト管理・支援

資格:公認情報システム監査人(CISA)、ITIL V3 ファウンデーション資格、TOEIC 990点