情報セキュリティ方針

当社は、ソリューションサービス事業、データサービス事業、翻訳事業などにおいてサービスを提供すると同時に、様々な企業情報や個人情報を取り扱っております。

これらの情報資産は当社にとって非常に重要な財産であり、当社の事業継続にとって必要不可欠です。そのため、当社の事業を脅かす可能性のあるあらゆる脅威からこれらの情報資産を守る必要があると考えております。

そのため、当社にとって情報セキュリティは、事業を運営していくうえで必要欠くべからざることであります。そのため、以下の方針をもって情報セキュリティマネジメントシステムを運営することを宣言します。

  1. すべての情報資産の機密性、完全性、可用性が適切に維持されるよう対策を施し、お客様に当社のサービスを安心して利用していただけるようその運営基盤となるシステム、設備を保護します。合わせてお客様や取引先、従業員の個人情報などの漏えいを防止します。
  2. 情報セキュリティ管理者を任命するとともに各部門の委員からなる情報セキュリティ委員会を設置して、これを中心とした運営体制により様々な課題に対し迅速に対応します。
  3. リスクマネジメントにおける基準を確立するとともに、業務上で取り扱う情報及び関連する施設、資産等に対して情報セキュリティリスクアセスメントを実施し、適切な管理策を採用してリスクの低減に努めます。
  4. 業務上順守すべき法令、その他の規範、セキュリティ要求事項を順守するよう、教育・訓練を通じて全社員に徹底します。
  5. 突発的なインシデントや、通常の状態と異なる例外的な状況や困難な状況が発生しても、情報セキュリティが引き続き維持されるようなプロセスを確立します。

2016年1月1日制定

パースペクティブ株式会社

代表取締役社長 西谷 弘毅