NEWS
サービス・製品 NEW

tebra実消化が2024年11月開始予定のJD-NET
第8次システムに対応!!

パースペクティブ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:西谷弘毅 以下、パースペクティブ)の『tebra実消化
ソリューション』(以下、tebra実消化)は2024年11月よりJD-NET第8次システムに対応いたします。

パースペクティブの『tebra実消化』について

製薬企業のデータドリブンマーケティング・セールス活動を支援するデータ利活用プラットフォームである『tebra』ファミリーの1つ、『tebra実消化ソリューション』は、これまで製薬企業各社が独自に構築・運用してきた、実消化・生物由来・卸在庫などのデータクレンジング処理をクラウド環境上に実現したものであり、月額のサービス費で提供するサブスクリプションサービスです。

JD-NET第8次システムの概要

医薬品流通を支える商流EDI基盤であるJD-NETは、以下の狙いで2024年11月に第8次システムサービスを開始します。

    • 法規制対応、トレーサビリティ要件など将来の業界ニーズに柔軟に対応
    • 国際標準の商品識別コード(JANコード・GS1標準)での情報連携
    • 卸・メーカー間でのより付加価値の高い情報の連携

 

これにより次のような効果が期待されています。

 

    • ロット番号連携によるトレーサビリティ向上
    • 包装変更情報の連携による情報提供の質向上
    • 名称、住所など、漢字データの情報連携が可能に
    • GDPなど、将来の法規制要件への対応

 

tebra実消化の対応

tebra実消化ではお客様の業務の継続サポートを主眼に、JD-NET第8次システムサービス開始の2024年11月から新システムに対応いたします。

 

主な対応内容

    • レコード長変更への対応
    • 「生物由来製品」データ廃止への対応(卸販売データロット番号取り込み)
    • 統一商品コードからJANコードへの切り替え
    • 新規項目の取り込み

 

これらは、既存のお客様には無償で対応いたします。*

 

『tebra』は、製薬コマーシャル領域における様々な課題やニーズに応えるために、常に最新の知見と技術をもとにサービスを改善しています。

製薬コマーシャルに特化した専門家集団が開発・提供するサービスですので、市場環境や法規制の変化にも迅速かつ確実に対応できます。

これからも、お客様のビジネスパートナーとして、最適なソリューションをご提供してまいります。

 

*周辺システムインターフェースやカスタマイズ部分の改修が必要な場合は別途お見積りいたします。

【会社概要】

会社名:パースペクティブ株式会社

所在地:東京都千代田区二番町3-10 白揚ビル

代表者:代表取締役 西谷弘毅

設立日:2006年3月 / 資本金:3,000万円

URL:https://www.perspective.co.jp/

事業内容:1.マネジメントコンサルティング事業

    • 会社経営の視点に基づくビジネス・ITコンサルティング

事業内容:2.リアルビジネス事業

    • 製薬業向け卸販売データ処理サービス、マスタ提供サービス、BPOサービス
    • 情報システム構築・導入、および運用・保守

 

【本リリースに関するお問合わせ先】

パースペクティブ株式会社  江原・高橋

e-mail:tebra@perspective.co.jp

  • TOP
  • NEWS
  • tebra実消化が2024年11月開始予定のJD-NET第8次システムに対応!!

PAGE
TOP